×

ヤクルト・塩見 6月8日以来の一発で同い年の原を援護「“外野を抜けてくれ”と思って走っていました」

[ 2021年8月30日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―2DeNA ( 2021年8月29日    東京D )

<ヤ・D>7回、3ランを放つ塩見(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・塩見が同い年の原を援護した。

 1―0の7回2死一、二塁からダメ押しの9号3ランを左中間席に叩き込み「同級生の樹理(原)が頑張っていた。何とかしたかった。“外野を抜けてくれ”と思って走っていました」と6月8日以来の一発に笑顔だ。チームトップの得点圏打率・324を誇る28歳が勝負強さを発揮した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース