×

ソフトバンク・渡辺陸が支配下登録「期限ギリギリでほっとした」

[ 2021年8月30日 12:41 ]

支配下登録されポーズするソフトバンク・渡辺陸(球団提供)
Photo By 提供写真

 ソフトバンクは30日、育成3年目の渡辺陸捕手(20)と支配下選手契約を結んだと発表した。背番号は「132」から「79」に変わり、この日の午前中にペイペイドーム内でのオンライン会見に臨んだ。黒のスーツ姿で渡辺は「昨日の遠征帰りに電話があって。(補強)期限ギリギリでほっとして嬉しかった。打撃が長所。1軍でさらに上達できたらと思います」と話した。

 1メートル87、84キロ、右投げ左打ちの大型捕手。2軍では外野手としても活躍中で、東京五輪中断中のエキシビションマッチから1軍に合流した。8月9日広島戦では途中からマスクをかぶって1軍初安打をマーク。翌日10日も2日連続となる安打を放ち、アピールに成功していた。会見後にはグラウンドで行われている投手練習に顔を出した。千賀、石川、和田、東浜、マルティネスらに「おめでとう!」と祝福されて、深々と礼をして応じていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年8月30日のニュース