中日・福留 5016日ぶり“竜の”打点 代打で適時二塁打、本拠地も拍手喝采

[ 2021年4月8日 20:26 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2021年4月8日    バンテリンドーム )

<中・D(3)>6回2死二塁、代打・福留は同点となる左中間適時二塁打を放ち、二塁で手を叩く(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 役者が違う。中日・福留が「竜の福留」として5016日ぶりに打点をあげた。

 1-2の6回2死二塁から代打で打席に立つと、伊勢の初球、149キロ直球を振り抜き、左中間を破る適時二塁打。中日戦士としては、2007年7月15日の阪神戦(甲子園)以来の打点となった。

 直前の6回表に逆転2ランを浴びた松葉の黒星を消し、試合を振り出しに戻す値千金の一打にバンテリンドームからは大きな拍手が沸き起こった。

 福留は「チャンスだったので、積極的にいこうと打席に入りました。良いところに飛んでくれて、抜けてくれたので良かったです」と球団を通じて話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース