西武・若林 プロ1号含む猛打賞!渡部&ブランドンと球団40年ぶり3新人アーチ

[ 2021年4月8日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3ー6楽天 ( 2021年4月7日    メットライフD )

<西・楽>5回、1号ソロを放つ若林(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 西武のドラフト4位・若林がプロ初アーチ&初の猛打賞。5回に則本昂のカーブを左翼席に運び「(4日に)初安打が出てから徐々に重圧が軽くなって本来のスイングができている」と語った。

 1位の渡部、6位のブランドンに続き新人3選手が本塁打を記録するのは球団では81年の石毛、広橋、岡村以来40年ぶりだ。山川、栗山、外崎を故障で欠く中で若手が奮闘。今季初の連敗で2位に転落したが辻監督は「若手の頑張りに期待している」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース