掛布氏 阪神・佐藤輝に意図的三振のススメ 「三振してもいいから、ボールをしっかり見る打席を」

[ 2021年4月8日 21:09 ]

セ・リーグ   阪神0ー3巨人 ( 2021年4月8日    甲子園 )

掛布雅之氏
Photo By スポニチ

 阪神が日本一になった85年以来の甲子園巨人戦3連勝スタートはならなかった。当時の4番、掛布雅之氏(65=阪神レジェンドテラー)はサンテレビの放送席で試合を見届け、4打数無安打、2三振と苦しんだ佐藤輝にアドバイスを送った。

 「ホームランを打ちたいという気持ちが強すぎる。強く振るのは構わないけど、もっとヘッドを走らせる感じで、強く振るより、速く振る意識を持った方がいい。ボールに手を出してカウントを不利にしているので、ベンチが指示をして、三振してもいいから、ボールをしっかり見る打席を作るのも手かもしれない」と意図的に三振するつもりで、ストライクゾーンの感覚を戻すこともトライしてもいい、とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース