ソフトB・グラシアル 40打席目お待たせ1号「本塁打で先制することができて良かった」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク6-2日本ハム ( 2021年4月7日    札幌D )

<日・ソ>2回無死、先制本塁打を放つグラシアル(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのグラシアルが0―0の2回無死、伊藤の146キロ真ん中高め直球を鋭く強振。11試合連続で4番に座り続け、40打席目でお待たせの今季1号を、右翼席にライナーで叩き込んだ。

 1点を追う7回にも右前打でチャンスメーク。チームが苦戦した新人右腕から唯一のマルチ安打とし「先制点が大事になってくる中で集中して打席に入れた。本塁打で先制することができて良かった」とコメントした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース