広島・森浦が5試合目の登板で悔しい初失点、初黒星「簡単にいきすぎた」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2ー3ヤクルト ( 2021年4月7日    神宮 )

<ヤ・広>プロ初失点、初黒星を喫した広島・森浦(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 ルーキーにはつらい初失点となった。同点の7回に登板した広島のドラフト2位・森浦が5試合目の登板で初めて崩れ2/3回を1失点でプロ初黒星を喫した。

 「先頭をしっかりと抑えないといけない。簡単にいきすぎた。(山崎に打たれたのは)ストライクからボールを狙って勝負したかった球。コントロールミスで中に入ったのがダメだった」

 先頭の渡辺に左前打され犠打で1死二塁。山崎に1ボールからスライダーを右前適時打され、勝ち越しを許した。同期入団の栗林、大道が無失点を継続する中で最初の失点を記録した。それでも信頼は変わらず、佐々岡監督は「次に反省してやってもらいたい」と次回も競った場面での起用を示唆。新人左腕も「与えられた場所で0点に抑えるのが仕事。切り替えてやりたい」と雪辱を期した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース