中日・ビシエドがコンディション不良で抹消 開幕から全11試合で4番 痛い離脱

[ 2021年4月8日 16:03 ]

中日・ビシエド
Photo By スポニチ

 中日は8日、ダヤン・ビシエド内野手(32)について、上肢のコンディション不良のため、出場選手登録を抹消したと発表。代わって福田永将内野手(32)が今季初昇格した。

 ビシエドは7日のDeNA戦(バンテリンドーム)で9回の守備からベンチに退いた。

 ビシエドは開幕から全11試合に4番で先発出場。チームトップの打率・308をマークし、チーム唯一の本塁打を開幕戦の広島戦で放っていた。

 チームは12球団最少タイの30得点(11試合)と得点力不足に悩んでいるだけに、主砲の不在は貧打戦に拍車がかかりそうだ

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース