DeNAのドラ1入江が自滅2敗目…ボークから2失点「申し訳ない」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―3中日 ( 2021年4月7日    バンテリンD )

<中・D>2回2死一、二塁、ボークを取られ走者を進塁させてしまう入江(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト1位の入江が5回3安打3失点で2敗目。プロ初勝利はお預けとなり「四球から失点し、攻撃のリズムもつくれず申し訳ない」とうなだれた。

 2回2死一、二塁からロジンバッグを拾おうとしてボークを犯し、二、三塁から根尾の三塁前のゴロを宮崎が一塁へ悪送球し、2点を先制された。3連勝を逃した三浦監督は、ボークについて「緊張してたのか…。場数を踏むしかない」とかばった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース