巨人・坂本が今季初アーチの先制弾「一本出て良かった」 チーム9戦ぶり先制点流れ呼ぶ

[ 2021年4月8日 22:35 ]

セ・リーグ   巨人3―0阪神 ( 2021年4月8日    甲子園 )

<神・巨(3)>初回1死、坂今季1号となる先制ソロ本塁打を放ち、ナインの出迎えに笑顔の坂本(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(32)が、今季初アーチとなる1号先制ソロを放った。

 打線の組み替えが行われ、開幕から入ってきた3番ではなく、2番で出場。初回に秋山の甘く入った直球を振り抜き、左中間席に運んだ。主将のバットでチームとしても9試合ぶりの先制点となり「(手応えは)良かった。とりあえず一本出て良かった」と振り返った。

 打線のつながりも出た一戦に原監督は「きょうは3点取りましたからね。いい兆しが出ている」としつつも「こんなものではないのでね。どんなメンバーであっても4点、5点取っていく体勢は見せないといけませんね」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース