一発を目で楽しむ時代だ 今季から本塁打のデータ表示される甲子園で阪神・サンズが「開店1号」

[ 2021年4月8日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神7ー1巨人 ( 2021年4月7日    甲子園 )

<神・巨>5回 無死一塁 中越え2点本塁打を放つ阪神・サンズ (撮影・成瀬 徹)  
Photo By スポニチ

 阪神・サンズのダメ押し2ランに沸いた甲子園が、スコアボードのデータ表示に再び、どよめいた。「打球速度166キロ 打球角度30度 飛距離129メートル」。ファンサービスで今季から導入されたトラックマンによる本塁打詳細データの第1号だ。

 「糸井サンが後で教えてくれたけど、見ていなかったよ。いい打球がまっすぐ飛んでくれた。フェンスを越えれば何でもいいよ」

 5回に桜井から8試合ぶりとなる4号をバックスクリーン左にたたきこんだ。「いい感じだ。ミスショットも減ってきている」と手応え十分の一撃。昨年徹底的にマークされ、5打点に終わった巨人戦で、勝利に直結する2試合連続の打点だ。

 4本塁打、12打点で2部門のトップ。「今だけで終わらずに続けたい。それでチームの勝利に貢献できるから」と笑顔をふりまいた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月8日のニュース