DeNA大貫 丸に2打席連発浴びるなど6回4失点「チームに勢いを持ってくることができませんでした」

[ 2020年9月20日 16:15 ]

セ・リーグ   DeNA―巨人 ( 2020年9月20日    横浜 )

<D・巨>6回2死、丸(奥)に2打席連続となる右越えソロ本塁打を浴びる大貫(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAの大貫晋一投手は6回4失点(自責3)で降板した。

 初回、先頭の吉川尚に左前打されると、二盗と戸柱の悪送球で1死三塁とピンチを背負い、坂本の中前適時打で先制点を失った。2、3回は三者凡退と立ち直りの兆しを見せていたが、4回無死一塁から丸に右中間スタンドへ痛恨の2ランを浴びた。さらに6回2死からも丸に高めの直球を再び右中間席へ運ばれ、マウンド上で顔をゆがめた。

 「立ち上がりから先制点を取られてしまい、チームに勢いを持ってくることができませんでした。全体的にボールが浮いてしまったので、低めにボールを集められるようしっかり調整したいと思います」と反省した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース