ソフトバンク 連勝3でストップ…“初モノ”に苦戦 工藤監督「うまくいかなかった」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―3楽天 ( 2020年9月19日    ペイペイD )

<ソ・楽>入場制限が緩和されたペイペイドーム(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 プロ初登板となった楽天のルーキー右腕・滝中を攻略できなかった。連勝が3で止まり、ソフトバンクの工藤監督は「フォーク、チェンジアップ系をうまく使われ、なかなか攻略までいかなかった。狙い球を絞るようにコーチも指示をしてくれていたが、うまくいかなかった」と振り返った。

 初対戦では投手有利とされる。打者は打席でボールの軌道を見たことがないため、どうしても映像と実際の球筋にギャップが出てくるからだ。そんな中、ソフトバンク打線は今季は初対戦の先発投手を苦にしていなかった。西武の与座とノリン。日本ハムのバーヘイゲンと河野。ロッテの小島。これまでに5投手と初顔合わせしたが、いずれも打者1巡目で得点を挙げていた。さらに、全投手に対して本塁打も記録し、白星を献上する試合はなかった。

 平石打撃兼野手総合コーチは、滝中について「探ってしまうと勝負が遅れる。イメージを持って仕掛けていけたら」と話していた。だが、この日は打者1巡目はわずか1安打。4回の攻撃前には円陣を組んだが、6回途中まで5安打に封じられ、打ちあぐねた。

 この日から観客数が増え、前日から約7000人増の1万1937人が詰めかけた。6回に柳田が同点タイムリーを放ち、ボルテージは上がったが、あと一本が出なかった。2位・ロッテが敗れたためにゲーム差は2・5のまま。工藤監督は「たくさん来ていただいてしっかり勝っていかないといけなかったので残念。結果を受け止めて、明日(20日)しっかりやりたい」とファンに勝利を誓った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース