×

明大・入江、5回6失点…ライバル早川に脱帽「高校時代と球筋も球威も別人」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

東京六大学秋季リーグ1回戦   明大1―7早大 ( 2020年9月19日    神宮 )

<早大・明大>5回6失点でエース対決に敗れた明大・入江(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 先発としては初めて早大・早川と投げ合った明大・入江は5回7安打6失点。自己最速にあと1キロに迫る152キロを計測したものの、エース対決に敗れ「これぐらいのピッチングしかできないのが、自分の実力。(早川は高校時代と)球筋も球威も全然違う。別人が投げているような感じだった」と脱帽した。

 視察した広島の苑田聡彦スカウト統括部長は「切れのいいストレートを投げるが、高めが多い。リリースが高いのかな」と分析した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2020年9月20日のニュース