初先発のロッテ・石崎 3回1失点5四球 無安打で敗戦投手に

[ 2020年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―7日本ハム ( 2020年9月19日    札幌D )

<日・ロ>ロッテの先発投手・石崎(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ロッテは5投手による継投で日本ハムを3失点に抑えたが、打線が有原を攻略できなかった。

 6年目でプロ初先発となった石崎は3回1失点。5三振を奪ったが5四球で82球を費やし、無安打で敗戦投手となった。「もっとストライクゾーンで勝負しないと駄目」と悔しがったが、井口監督は「何とか1点に抑えた」と及第点を与えた。2カード連続負け越しが決まったが、首位ソフトバンクも負けて2・5ゲーム差のまま。指揮官は「明日は8連戦の最後。全員でいきたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース