DeNA わずか3安打で零敗 ラミレス監督、畠に脱帽「予想よりもいい投球された」

[ 2020年9月20日 17:21 ]

セ・リーグ   DeNA0―5巨人 ( 2020年9月20日    横浜 )

<D・巨>4回無死一塁、丸(手前)の右越え2点本塁打となる打球を見つめるラミレス監督(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 DeNAは打線が3安打に封じられ、今季6度目の零敗。今季初の巨人戦同一カード3連勝を逃し、首位巨人とのゲーム差は11となった。

 ラミレス監督は相手先発の畠に「予想よりもいい投球をされてしまった。全体的に精度がよかった」と脱帽。唯一のチャンスだった2回1死一、二塁は倉本が左飛、柴田が見逃し三振に倒れた。

 21日から敵地で阪神3連戦が待つ。指揮官は「こちらも簡単な試合にはならないと思うが、100%ベストを尽くしていい結果をものにしたいと思います」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース