秋季高校野球 早実が秋の初戦で大勝発進 新主将で4番の清宮福太郎が先制打に3ラン

[ 2020年9月20日 10:47 ]

秋季高校野球 東京ブロック予選2回戦   早実20―0中大杉並 ( 2020年9月20日    早実グラウンド )

推定120メートル弾を放つ早実・清宮(撮影・柳内遼平)
Photo By スポニチ

 早実が新チームの公式戦初戦となる中大杉並戦に臨み、20―0の5回コールドで大勝発進した。

 無観客で実施され、日本ハム・清宮の弟、福太郎内野手(2年)は兄と同じく新チームから主将に就任してこの日は「4番・一塁」で先発。

 初回1死二、三塁から右翼線へ先制の適時二塁打。2回は四球で出塁すると、3回には左越えへ特大3ラン。4回にも敵失で出塁した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース