関西学院、打撃戦を制す 阪神・北川コーチの愛娘・千尋マネ「ハラハラしました」

[ 2020年9月20日 14:25 ]

令和2年度 秋季兵庫県高等学校野球大会 2回戦   関西学院13―7豊岡総合 ( 2020年9月20日    G7 STADIUM KOBE )

阪神・北川博敏2軍打撃コーチを父に持つ関西学院マネージャーの千尋さん(2年)
Photo By スポニチ

 古豪・関西学院が両軍合わせて34安打の打撃戦を制した。阪神・北川博敏2軍打撃コーチを父に持つ北川千尋マネジャー(2年)はこの日は記録員としてベンチ入りはせず、スタンドから試合を見守った。

 「ハラハラしました。みんなの頑張っている姿を近くで見られて感動するし、いい影響を与えてもらっています」

 父の影響で野球に興味を持ち「野球に關わることがしたい」と、高校からマネージャーとして入部。「マネジャーをやりたいと言ったときは家族にびっくりされました。大変なこともあるけど、終わってほしくないくらい楽しい」と笑った。

 父からは「高校野球はいいものだから、楽しんでやれよ」と声を掛けられた。父同様、笑顔がトレードマークで、広岡直太部長も「みんなを和ませてくれる」と評する。どんな時でも笑顔を絶やさず、これからもチームを支える。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース