日本ハム・大田“ウルトラマン級”活躍!代打で登場、実働3分で大仕事

[ 2020年9月20日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム7―3ロッテ ( 2020年9月19日    札幌D )

<日・ロ>6回1死満塁、適時打を放った大田(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 まさにウルトラ級の大仕事だ。この日の役目は代打だけ。日本ハム・大田が“実働3分間”で、勝利に大きく貢献してみせた。

 「あっと言う間に終わった。ウルトラマン、頑張りました」

 おどけて振り返ったのは1―0で迎えた6回だった。無死から中田、渡辺が連打し、代打・杉谷が送りバント成功。ビヤヌエバの四球で1死満塁となり、ベンチの大田に出番が来た。マウンドは代わったばかりの右腕・東條。2球目の外角スライダーを拾うように打った。「先っぽでバットも折れた。ヒットになってくれて良かった」。打球は中前に落ち、中堅手・加藤の失策もあって2者生還(打点1)。貴重な追加点となった。

 この日は連戦の疲労を考慮され、ベンチで代打待機。「ゲームの流れや雰囲気を体で感じて、試合に出ている選手に近づけて準備していた」。心構えと準備。どんな時も主力選手として試合に臨む姿勢は崩さない。だから代打でも打てた。タイムリー直後に代走を送られて交代。ウルトラマンのように、ベンチを出てからベンチに戻るまで3分ほどでチームを連勝に導く大仕事をやってのけた。

 「みんなでつないだ流れの中でいい結果を出せた。みんなに感謝したい」。これで13試合連続安打。でも、代打で放ったこの日の一打は格別だった。(秋村 誠人)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース