巨人・坂本 幸先よく先制打「思い切っていけました」

[ 2020年9月20日 14:54 ]

セ・リーグ   巨人―DeNA ( 2020年9月20日    横浜 )

<D・巨15>初回1死三塁、先制の中前適時打を放つ坂本(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人・坂本勇人内野手(31)が、幸先よく先制打を放った。初回1死一塁。一塁走者・吉川尚が二盗と捕手の悪送球で三塁まで進んだ直後。大貫の内角球を中前へ運んだ。

 「(吉川尚が走った次球)楽な状況にしてくれたので思い切っていけました。先制できて良かったです」

 3番で2試合連続スタメン出場。試合開始5分で先制し、2000安打まであと「45」とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース