九産大 3投手で無安打無失点リレー!“ソルネード”谷口は1回3者三振

[ 2020年9月20日 05:30 ]

福岡六大学野球   九産大10―0九工大 ( 2020年9月19日    福工大 )

独特のフォームで4回を3者三振に取り、今季初勝利の谷口
Photo By スポニチ

 コロナ禍による春季リーグの中止をはさみ1年ぶりに福岡六大学野球が19日、開幕し3試合が行われた。3季連続優勝を目指す九産大は初先発の2年生右腕・荒木雅玖(がく)が3回を無失点5三振の好投。3投手による無安打無失点リレーで九工大に5回コールド勝ちした。

 中でも2番手で4回の1イニングを投げた谷口は、トルネードならぬ“ソルネード”で昨年から目立っている。上体を大きく後ろに反らせる超個性的な投法。3者三振で抑え、今季初勝利をマークした。「投球はまずまずだが、指の掛かりがいまひとつ」と課題も挙げた。

 独特のフォームには「イナバウアー投げ」や「マトリックス投法」などの異名もつくが「あまり言われたくない。名前は気にしないようにしている」と我が道を行く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース