【20日MLB見どころ】大谷、7試合ぶりDHでスタメン出場予定

[ 2020年9月20日 06:30 ]

エンゼルス・大谷(AP)
Photo By AP

 大リーグは19日(日本時間20日)、両リーグ15試合が行われる。

 5試合連続欠場中のエンゼルスの大谷は本拠地レンジャーズ戦(午前10時10分開始)で9月11日のロッキーズ戦以来、7試合ぶりにDHでスタメン出場する見込み。すでに、ジョー・マドン監督が起用する方針を示している。

 ここまで大谷の欠場が続いた主な理由は打率・189と不振だったことに加え、メジャー2年目の一塁手ウォルシュの存在が大きい。現在、ウォルシュは10試合連続で打点を挙げるなど好調で打率・323、7本塁打、19打点。ウォルシュの台頭により、大谷がDH出場する際に一塁を守る40歳のプホルスをDHで起用できるメリットがあった。

 ここ数日、大谷は屋外フリー打撃には参加せず、屋内ケージなどで打撃練習に取り組んでいる。19日に大谷がDHで出場すれば、ウォルシュが一塁を守り、前日に2打席連続アーチで歴代単独5位の通算662本塁打としたプホルスは休養日となるのか。ラインアップが注目される。

 レンジャーズの先発は右腕リンで、ここまで6勝2敗、防御率2・40。大谷は過去4度対戦し、12打数5安打、打率・417と相性が良い。

 レイズの筒香は敵地オリオールズ戦(午前8時35分開始)、レッズの秋山は本拠地ホワイトソックス戦(午前8時7分開始)で打者出場予定。

 リリーフ陣はブルージェイズの山口が敵地フィリーズ戦(午前7時5分開始)、マリナーズの平野が敵地パドレス戦(午前10時10分開始)を戦う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース