優勝旗返還式で市西宮の女子生徒も聖地行進 「一生の宝物にします」

[ 2020年9月20日 05:30 ]

<優勝旗返還式>プラカードを持ち、履正社ナインとともに行進した市西宮・今徳夢乃さん(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 昨夏の第101回全国高校野球選手権大会で初優勝した履正社による優勝旗返還式が19日、甲子園球場で実施された。例年の優勝旗は翌年夏の開会式で返還。今夏の102回大会が新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になったことで式典が代替開催された。

 行進では例年同様に市西宮の女子生徒がプラカードを持ち、14日に校内選考で選ばれた今徳夢乃さん(2年)は「一瞬でした。一生の宝物にします」とかみしめた。

 3歳上の姉・希さんも1年時に大会旗、2年時に国旗を持って行進。自宅では助言を受けながらイメージトレーニングを重ね、「信じられなかったけど、選ばれたからには責任を持って頑張ろうと」と大役を務め上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース