阪神・藤浪が3回まで無安打7奪三振の好投

[ 2020年9月20日 13:17 ]

ウエスタン・リーグ   阪神―中日 ( 2020年9月20日    鳴尾浜 )

キャッチボールを行う藤浪晋太郎(撮影・岩下翔太)
Photo By スポニチ

 降格後初登板を果たした阪神・藤浪が3回7奪三振の好投を見せている。

 初回からいきなり渡辺をカットボール、高松を外角高めの直球、根尾を外角低めの直球で3者連続空振り三振に仕留めた。続く2回も、石川昂、シエラから三振を奪い、5者連続三振。2死から伊藤康遊撃内野安打を許したが、後続を抑えた。

 3回まで9つのアウトの内、7つのアウトを三振で取る、圧巻の投球で相手を寄せ付けなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月20日のニュース