広島・床田 5回2失点で復調の兆し 開幕ローテ最終チャンスで踏ん張った!

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   広島4―4ソフトバンク ( 2020年3月14日    ペイペイD )

<ソ・広>広島先発の床田(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・床田寛樹投手(25)が14日のソフトバンク戦に先発し、5回2失点で復調の兆しを見せた。前回2軍戦では4回7失点など春季キャンプから状態が上がらない崖っぷちの中で、開幕ローテーションの剥奪を回避。先発陣がそろって低調とあって、首脳陣を一安心させた。

 床田は悩み続けて、悩むことすら止めた。「(変化は)気持ちですかね。ダメだ…とマイナスのことばかり考えていたので」。初回1死からバレンティンの左前適時打を含む3連打で先制点を献上した。それでも、続く松田宣を直球で三ゴロ併殺として崩れなかった。「いままでなら(併殺の球も)もう一つ厳しくいきたかった…と引きずっていた」。反省する前に腕を思い切り振った。

 3回先頭の牧原には147キロの外角直球で、4回先頭はバレンティンを内角直球で見逃し三振にするなど、最速148キロの直球を軸に組み立てた。5回は野選で失点するも、5回6安打2失点。要所を締める好投に、ようやく笑顔が戻った。

 「いままで投げたオープン戦では一番よかった。腕を振って投げられた。直球はこれまでで一番速かったし、低めに集められた」

 昨季7勝を挙げて有力視された開幕ローテーション入りが、脱落寸前にまで追い込まれていた。前回7日の教育リーグ・オリックス戦は4回8安打7失点の乱調。春季キャンプから低調な状態が続き、佐々岡監督から「ある程度期待している中で、上(1軍)で(打者が)どういう反応をするか見てみたかった」と課された“ラストチャンス”だった。

 そして、「今日は良かったのかな。苦しんできた分、期待するところもあるし次にも期待したい」と、指揮官から今春初めて合格点を与えられた。

 「(結果が出なければ)終わってましたね…」と胸をなで下ろすほどの悲壮な決意だったという。「これからも自分を信じて投げたい。期待してもらっている中で、自分も不安だった。これから一歩歩ずつ上にあがっていきたい」。本領発揮はまだ少し先でも、迷いはどこかへと消えた。(河合 洋介)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース