楽天・三木新監督 大胆シフト!超前進守備でサヨナラ負け阻止

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   楽天3―3巨人 ( 2020年3月14日    東京D )

<巨・楽>9回1死二塁、打者・若林の時、楽天は外野が極端な前進守備(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天が大胆なシフトでサヨナラ負けを阻止した。同点の9回1死二塁。若林の打席で三木新監督は外野前進のバックホーム態勢を指示。特に中堅・山崎幹は左翼、右翼よりさらに約5メートル前を守らせた。

 「二塁走者の吉川(大)は走力がある。山崎は本来は内野手で外野の経験が少ない」。さらに2死一、二塁で右方向への強い打球が多い左の大城を迎えると二塁・黒川を二塁ベース寄りを守らせ、一、二塁間を極端に前進した右翼・辰己で埋めた。大城四球で満塁となって定位置に戻し、辰己が石川の大飛球を好捕。オープン戦ながら6回守備での三塁タッチプレーでリクエストも行った指揮官は「いろんなこと試すと新しい発見がある。ミスも財産」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース