中日・ロメロ 左肩関節のクリーニング手術が終了、今後はドミニカでリハビリ

[ 2020年3月15日 12:36 ]

中日のロメロ
Photo By スポニチ

 中日は15日、左肩の炎症で一時帰国しているエンニー・ロメロ投手(29)が10日に米国(ニューヨーク)で左肩関節のクリーニング手術を実施したことを発表した。今後はドミニカ共和国の施設でリハビリを開始する。スローイングプログラム開始には8~12週間を要する予定。

 ロメロは2月29日の広島とのオープン戦で左肩の違和感を訴え、4回途中で緊急降板。名古屋市内の病院で左肩棘下(きょくか)筋付着部の炎症と診断され、米国で左肩の検査を行うため、3月5日に離日していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース