張本勲氏「一生に1回」選抜高校野球中止に「胸が痛い」、球児たち思い「秋あたりにやらせてあげたい」

[ 2020年3月15日 09:37 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(79)が15日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。新型コロナウイルス感染拡大の影響で19日に開幕予定だった第92回選抜高校野球大会(甲子園)が中止になったことについて言及した。

 まずは冒頭、スポーツ界全体で公式戦や大会が延期、中止となっていることを番組が報道。張本氏は「当然ですね。やっぱり、国家の一大事ですから、みんなで病気を無くしていかないといけない」と理解を示した。

 その上で、選抜の中止については「これは胸が痛い」と悲痛のコメント。「秋あたりに期間をとって(選抜の試合を)やらせてあげたい。11月、ちょっと寒いけどね」と提言し、「3年生のことを考えると胸が痛いよ。一生に1回のチャンスだもん」と球児たちに思いを寄せていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース