ソフトB・二保 3回1安打無失点 開幕ローテへ変幻投球「手応えのある球が意図したところに」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク4―4広島 ( 2020年3月14日    ペイペイD )

<ソ・広>ソフトバンク2番手の二保(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク2番手の二保が好投した。4回から登板し3回で40球を投げて1安打無失点。松本と開幕ローテ入りを争う立場でアピールに成功した。

 打者11人に対し、直球は4球のみ。6回2死で小窪にカーブを左前打されたが、他の打者には5種類の変化球をうまく使いながら、さらりと打ち取った。「結果を出せたのが良かったし、ツーシームが良かった。手応えのある球が意図したところに行っている」と納得していた。

 一方、先発した松本は3回で70球を投げ3安打1失点。「球速が全体的に出ていて良かった」と振り返ったが、2回1死で安部にソロアーチを浴び「あとは制球。ばらつきを修正します」と反省も口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース