張本勲氏、巨人のOP戦最下位に「大丈夫。調整の段階だから」 達川氏は「今年はBクラス。一大事」

[ 2020年3月15日 09:49 ]

張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(79)が15日、コメンテーターを務めるTBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。12球団で唯一勝率1割台の巨人が1試合を残してオープン戦最下位が確定したことに言及した。

 巨人は14日の楽天戦(東京D)で3点リードしながら追いつかれ、3―3で引き分け。2月23日の楽天戦以来20日ぶりとなる勝利を逃し、オープン戦球団ワーストを更新する12戦勝ちなしとなった。

 これを受け、張本氏は「大丈夫。若手を使ってるからね。それと調整の段階だから、と思うけどね」とあくまでオープン戦の結果であるとコメント。一方、この日ゲスト出演した元広島監督の達川光男氏(64)は「今年はBクラスになると思います。一大事ですね」と予想していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース