ソフトB・ドラ1佐藤 開幕1軍前進2安打でOP戦打率4割 二盗も成功「気持ちに少し余裕が」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ソフトバンク4―4広島 ( 2020年3月14日    ペイペイD )

<ソ・広>7回、右越え適時二塁打を放つ佐藤(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位・佐藤(JR西日本)が、2安打1打点1盗塁と活躍し、開幕1軍へさらに大きく前進した。「8番・中堅」で先発し、2―1の7回1死二塁でカットボールを捉え右越え適時二塁打。5回にも左前打を放ち3戦連続安打、2試合連続タイムリー。オープン戦打率は4割に乗った。

 「気持ちに少し余裕ができてきた。課題の打撃でヒットが出ているのはいいことです」

 5回には報徳学園の2学年後輩で遊撃を守る小園のタッチをかいくぐって盗塁成功。「スタートが遅れたけど、かわせた。“打率、エグいっすね”と(小園に)言われました」と笑った。

 今日の広島戦(マツダ)は、JR西日本時代に勤務したJR広島駅の上司や部下が観戦予定だったが無観客試合に。「副駅長から“顔出してよね”と言われました。3年間、お世話になったので結果を残したい」。開幕1軍どころか、開幕スタメンの可能性も視野に入ってきた男が、第2の故郷でもハッスルする。

 ▼ソフトバンク・工藤監督 (調子を上げてきた佐藤に関し)打席での対応力がうまい。自分で考えて、冷静に対処ができている。(9回の犠打は)いいバントでしたし、自信にしてもらいたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース