楽天・涌井 巨人相手に“合格投” 「シーズンではやらないが…」直球中心で5回2失点

[ 2020年3月15日 18:03 ]

オープン戦   巨人3―7楽天 ( 2020年3月15日    東京D )

<巨・楽>巨人打線を封じる楽天・涌井(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天に移籍した涌井が先発し、5回5安打2失点と好投した。「シーズンではやらないが自分のやりたいことができた」と直球を中心に組み立て、巨人打線を4回まで内野安打1本に抑えた。無四球で4三振を奪う内容に16年目のベテラン右腕も「合格点を与えていい」と手応えを口にした。

 本来なら開幕カードでの登板を予定したが新型コロナウイルスの影響で延期となり、「普通通りに練習して、やりたいことをやる時間とプラスに考える」と前を向いた。

 涌井の好投で楽天はオープン戦を1分けを挟んで8連勝とし、9勝4敗1分けの勝率・692と好調のまま終えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース