阪神助っ人トリオ「MBS」 連日の安打そろい踏みで一足お先にOP戦締めくくり

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   阪神10―4オリックス ( 2020年3月14日    京セラD )

<オ・神>6回、リプレー検証の結果判定が覆って熊谷の二盗が成功となり、ベンチでサムズアップのボーア。右はサンズ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 猛虎の「MBS」が連日の「H」そろい踏みで躍動した。

 口火を切ったのは、「S」だ。5番・サンズが先頭の2回に右前打で出塁。無死一、二塁から糸原の左前適時打で先制のホームを踏んだ。すると「B」も続いた。3回2死無走者。4番・ボーアが一塁線への内野安打を放ち、存在感を示した。そしてトリは「M」。3番・マルテが5回2死一塁の第3打席で左前打を放ち、3試合連続安打と気を吐いた。

 15日にオープン戦は最終戦。「MBS」は出場予定がなく、一足お先に締めくくった。新4番として助っ人トリオの筆頭格であるボーアは8試合で20打数4安打、打率・200、0本塁打、1打点。メジャー通算92本塁打の長距離砲が、まさかの長打0本に終わった。だが、心配はご無用だ。総括の言葉に力を込めた。

 「今日も紙一重のところで、もしかしたら2本くらいフェンスオーバーしていたような感じもあった。それくらい良いアプローチができている。ヒットも1本出たし、いつも言っているが、徐々に良い感じに仕上がっていると感じている」

 本人の言葉を借りれば、第1打席の右飛、第3打席の中飛は、状態次第では本塁打でもおかしくない感触だった。「本塁打はたくさん出ていないし、打点もそんなに挙げていないけど、いい段階に仕上がっていると思う。もしシーズンが始まったとしても、しっかりいい調整ができたと自分では思います」。最短4月10日の開幕までは、まだ時間はある。本領発揮は、開幕してからでいい。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース