ロッテ・福田秀、ピンチで好守 みぞおち強打で途中交代も「全然大丈夫です」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2-3中日 ( 2020年3月14日    ナゴヤD )

<中・ロ>4回裏2死一、三塁、石橋の打球を好捕するロッテ・福田秀(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ロッテ・福田秀は好守を見せた。オープン戦はここまで7試合連続で1番だったが、この日は3番で出場。2打数無安打に終わったが、1点リードの4回2死一、三塁での中堅守備では、石橋の中前に落ちそうな飛球をダイビングキャッチ。その衝撃でみぞおちを強打して途中交代となったが、井口監督も「全然大丈夫です」とひと安心の様子だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース