ヤクルト・小川 反省の5回1失点も高津監督「良かったときの真っすぐに近づいている」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト0―1西武 ( 2020年3月14日    メットライフD )

<西・ヤ>ヤクルト先発の小川は5回を投げ5安打1失点(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの小川が5回1失点。極寒の中で好投したが「全体的には良かったけれど、先制点の場面で2ストライクから甘い球を打たれてしまった」と反省した。

 それでも昨季5勝12敗だった右腕について、高津監督は「ここ数年はイマイチだったが、入団してきた頃の良かったときの真っすぐに近づいている」と評価。「(開幕投手の)石川と2人で投手陣を引っ張っていかないと」と期待を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース