阪神・中田 加入後最長の5回も3失点「まだ、もったいないボールが多い」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   阪神10―4オリックス ( 2020年3月14日    京セラD )

<オ・神>5回、中川に2点本塁打を「打たれ打球を見送る中田(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神の中田は開口一番、複雑な表情を見せた。「もう少し、うまく投げられたかな、とは思います」。顕著だったのは5回だ。2死無走者から福田の中前打、中川の右翼本塁打で余計な2失点を加えた。加入後最長の5回を3失点。及第点ながらも、もったいない結果とも言えた。

 前回7日の日本ハム戦は3回3安打3失点。「初回から変化球、変化球になった」と反省し、直球主体で組み立てた。4回のロドリゲスの被弾もソロ。走者を出してから粘り強く投げ、最少失点でしのいでいただけに5回は痛恨だった。

 初回先頭へのストレートの四球など3四球を「中田らしさ」と表現した矢野監督も「良かったのにね、あそこ(5回)のね。あと1人まで来て。どうしても、僕らはそこ(結果)で判断していく」と合格点は与えなかった。秋山、藤浪らとの先発ローテーション争いは、まだまだ続きそうだ。

 中田もフォークの精度については納得した上で「まだ、もったいないボールが多い。もう少し、少ない球数でゲームをつくりたい」と抱負。次回こそ快投で頭ひとつ抜け出したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース