ロッテ・ドラ2佐藤、先発マスクで種市を好リード 打ってはオープン戦初安打

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2-3中日 ( 2020年3月14日    ナゴヤD )

2回表2死一塁、佐藤は右越え二塁打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト2位・佐藤(東洋大)がオープン戦初の先発マスクをかぶり、攻守で活躍した。

 「投手が投げやすいようにと考えた」と開幕ローテーション入りが内定している4年目右腕の種市を5回1失点と好リード。打っても2回2死一塁から右翼線二塁打を放ち、オープン戦初安打を記録した。同期入団の福田光の活躍には「あいつは天才。4安打中3本塁打ですからね。同期で活躍できたらチームに貢献できる」と刺激を受けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース