阪神育成1位小野寺 初出場OP戦で二塁打 支配下登録へアピール

[ 2020年3月15日 14:31 ]

オープン戦   阪神―オリックス ( 2020年3月15日    京セラD )

<オ・神>3回1死一塁、三塁失策を招く打球を放つ小野寺(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 阪神の育成ドラフト1位・小野寺暖外野手(21=大商大)が初のオープン戦出場で結果を残した。

 「9番右翼」で先発し、5回先頭の第2打席で、オリックス先発・田嶋の3球目の内角高め136キロ直球をはじき返すと、左翼手の左に弾む二塁打とした。塁上では大きくガッツポーズ。当面の目標となる支配下登録へアピールを続けたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース