阪神・青柳6回途中4失点 8四死球でも“らしさ”も見せた

[ 2020年3月15日 15:30 ]

オープン戦   オリックス―阪神 ( 2020年3月15日    京セラD )

<オ・神>4回無死、T-岡田(手前)にソロ本塁打を浴びた青柳(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 開幕ローテ入りを確実にしている阪神の青柳が先発し、今オープン戦最長の5回2/3を投げ4失点(自責3)。

 初回の3失点はエラー絡みの不運な面もあったが、ボールカウントが先行。4回先頭のT―岡田には真ん中に入ったツーシームを被弾した。2番の福田に3四球を与えるなど計8四死球で、球数も112球と決して少なくはなかったが、5三振を奪うなど随所にらしさは見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース