中日・山本、5回2失点で開幕ローテ入り前進「怖がらず内角に投げ切れた」

[ 2020年3月15日 05:30 ]

オープン戦   中日3-2ロッテ ( 2020年3月14日    ナゴヤD )

力投する先発の山本(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日の高卒3年目右腕の山本がロッテ打戦を相手に先発。福田光に2打席連続アーチを浴びたものの5回5安打2失点に抑え、目標の開幕ローテーション入りに向け前進した。

 3回無死二塁のピンチでは福田秀、マーティンを直球で2者連続三振に斬り「直球を踏み込んで振ってくる中で、怖がらず内角に投げ切れた」と手応えも上々。昨季にプロ初勝利を含む3勝をマークした20歳の若武者は、3者凡退が4回だけだった内容に「守備からリズムをつくれず、攻撃しにくい投球となった」と反省も忘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース