楽天・辰己「逆らわずにうまく打てた」フェンス直撃の先制二塁打

[ 2020年3月15日 15:09 ]

オープン戦   巨人―楽天 ( 2020年3月15日    東京D )

<巨・楽>初回1死二塁、レフトへ適時二塁打を放つ辰己(投手・田口)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 楽天・辰己が初回に先制の左中間二塁打を放った。「3番・右翼」で先発出場し、1死二塁から田口のスライダーを強振。フェンス直撃の打球を放った。

 「先制のチャンスだったのでまずはランナーを返そうと思った。逆らわずにうまく打てた」

 前日の同戦では同点の9回2死満塁の守備で、右翼への大飛球をスーパーキャッチ。サヨナラ負けのピンチからチームを救っていた。

 2年目の辰己がオープン戦の最終戦でも輝いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月15日のニュース