広島・森下 開幕3戦目デビュー有力 3・1中日戦「持っている力を全部出し切りたい」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

キャッチボールする森下(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島ドラフト1位・森下(明大)は3月20日からの中日との開幕3連戦(マツダ)でデビューする可能性が高まった。3月1日の中日戦(ナゴヤドーム)でオープン戦2度目の登板。中6日で2度の調整登板を経て22日の第3戦先発が有力だ。

 2番手以降で3~4回を予定する1日の登板に備え、本拠地で約40球の投球練習。中日が開幕の相手でも「手の内を隠すことは全く考えていません。いいイメージを持てるように、持っている力を全部出し切りたい」と力強く語った。

 前回22日のヤクルト戦では3回2安打2失点。立ち上がりに失点したものの、以降は零封し、修正能力がキラリと光った。1日は無観客の中での登板。「想像はつくけど、経験したことがないので感じていきたい」と前を向いた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース