新型コロナで部活禁止 センバツ、ぶっつけ本番も…「3・2から休校要請」揺れる出場校

[ 2020年2月29日 05:30 ]

センバツに出場する明石商ナイン
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、安倍晋三首相が27日に出した休校要請を受け、第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)に出場する各校も対応に追われた。公立校の明石商(兵庫)、倉敷商(岡山)などは休校に加え、練習も中止。私立校も3月8日から解禁される練習試合の中止を決めた学校が相次いだ。日本高野連は3月4日に行う選抜運営委員会で何らかの方針を示すとみられる。

 休校決定から一夜明け、センバツ出場校も部長や監督らが対応に追われ、一様に困惑を隠せなかった。

 今大会注目のエース中森と強打者・来田を擁する明石商は28日、市教育委員会からの連絡を受け、3月3日から同15日までの休校、期間内の部活動禁止が決まった。3月8日解禁で8試合程度を予定していた練習試合も白紙となった。練習も現時点では各自で進めていく見通しで、狭間善徳監督は「命が一番大事なのでそう決定されたならその中でやる。2日までしっかり練習するしかない」と話した。倉敷商(岡山)、県岐阜商(岐阜)はともに3月2日からの休校と部活動禁止が決定。倉敷商はすでに7日からの沖縄遠征の中止を決定している。県岐阜商・鍛治舎巧監督は「こちらが判断できる問題ではない。県教委と校長に任せるしかない」と話した。

 21世紀枠で46年ぶり出場の磐城(福島)は宿泊を伴う活動を禁止した学校方針により3月5日から予定していた関東遠征を中止。練習試合も4試合がキャンセルとなり急きょ県内の高校と練習試合を組み直した。練習こそできているが、センバツ開催が不透明な状況だけに木村保監督は「子供たちは何も悪くない。とにかくどんな形でもいいから大会を開催してくれという気持ち」と悲痛な表情。「現場も混乱していて非常に大変な状態。何も分からない。今後は県や市の方針を待ち、それに従うのみ」と話した。

 一方、私立校では花咲徳栄(埼玉)が3月2日から休校が決まり同3日から予定していた宮古島キャンプを取りやめ。練習試合は2試合がキャンセルとなった。練習は自校グラウンドで続ける。東海大相模(神奈川)は3月8日以降に予定していた練習試合が白紙に。同2日から17日まで休校が決まったが、練習は継続する。センバツが開催されたとしても、ぶっつけで試合を行う学校も出てきそうだ。

《主な出場校の対応》
 仙台育英 3月2日から16日まで休校が決定。野球部の活動については3月4日の運営委員会の決定を受けて対応。

 国士舘 現在試験前のため、甲子園メンバー30人のみ練習を継続。練習試合は5試合中3試合が先方の事情で中止。

 中京大中京 29日以降休校決定。野球部は甲子園出場のため3月4日まで練習を許可。3月14、15日の和歌山遠征中止。

 星稜 3月2日から15日は原則休校で部活動禁止。野球部活動も未定。練習試合は6試合中3試合が中止決定。

 履正社 練習は通常通り継続。練習試合は自校開催がほとんどで相手校が来校可能であれば予定通り開催。

 明豊 3月8日予定の四国での試合を自粛。自校で練習。寮とグラウンドはバスで送迎、外部者の立ち入りを禁止。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース