西武・山川 無観客でも「どすこい」パフォ!「テレビカメラに向かってやる」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

29日のDeNA戦に向け宮崎市内で調整を行った西武・山川
Photo By スポニチ

 西武・山川が28日、新型コロナウイルスの感染拡大で無観客試合となったオープン戦でも「どすこい」パフォーマンスを行う意向を明言。「やります。テレビで見ている人たちがいる。スタンドにあるテレビカメラに向かってやる」と力を込めた。

 この日は宮崎で全体練習を行い、佐賀に移動。29日のDeNA戦は辻監督の故郷での開催で「サガテレビ」が生中継する。今季ここまで対外試合は14打数6安打で打率・429。ただ3年連続本塁打王を狙う大砲に「今季1号」がない。オープン戦初戦で今季初の「どすこい」をお茶の間に届けることができれば、調整にも弾みがつく。

 「無観客の中でも緊張感を持続しないといけない」と山川。常にファンの存在を意識してプレーを続け、3・20の開幕に向かう。(大木 穂高)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース