阪神・梅野 歓声なき福岡凱旋 家族、友人招待予定も無念「成長した姿を見せたかった」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

博多へと向かう梅野(撮影・平嶋 理子)                                          
Photo By スポニチ

 猛虎の正妻で、選手会長も務める阪神・梅野が無観客での開催になった残りのオープン戦に関して率直な思いを言葉で表した。

 「感染拡大のことを考えれば、無観客は仕方ないことだと思います。残念な気持ちもありますが、選手にとってはファンのありがたさという部分をより実感すると思う。開幕した時により応援してもらえるようにオープン戦でしっかりしたプレーをしていきたい」

 福岡出身で、29日からペイペイドームで行われるソフトバンク2連戦にも「成長した姿を見せたかった」と家族や友人などを招待する予定だった。ただ、プロ野球選手としての使命は不変。タイガースの試合やプロ野球の開幕を心待ちにするファンの思いを胸にグラウンドに立つつもりだ。

 シーズンへ向けた総仕上げの意味合いが強い残り11試合。声援を直に背中に受けることはなくても、「応援してあげたいと思ってもらえるチームで開幕をスタートできるように」と虎党の存在を意識しながらマスクを被る姿勢を強調した。

 「オープン戦も、いいところばかりじゃないし、(チームとして)悪いところは全部出し切るぐらいで。いい準備段階として実戦に入るし、いろんな作戦もある。そういうところでミスをなくしていけるように。緊張感を持ってやっていきたい」

 甲子園球場での全体練習に参加した後、福岡入り。「やることは変わらないし、しっかり身心両面で状態を上げていくつもりで」。強い責任感も推進力に変えて、改めて3・20を見据えた。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース