中日・与田監督 勝利に安ど、初体験の無観客に「声が非常によく聞こえた」

[ 2020年2月29日 17:21 ]

オープン戦   中日3―1広島 ( 2020年2月29日    ナゴヤD )

<中・広>交代を告げる与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 拍手の起こらない静かな勝利だった。

 中日は開幕戦で対戦する広島に3―1と勝利。主砲・ビシエドが1発を含む2安打2打点と勝利に貢献。投手陣も先発・ロメロが緊急降板するアクシデントがあったものの、救援陣が無失点でつないだ。

 与田監督は初めての無観客試合を終えて「ゲームに勝てたことはホッとした。無観客は経験がなく、両チームの選手の声が非常によく聞こえた」と振り返った。

 無人の左翼席に豪快なアーチを放ったビシエドは「日本全国、とても大変な時期。ファンはテレビで応援してくれていると思うので、3月20日の開幕にしっかり戦えるよう準備する。それまで楽しみにしていて下さい」と普段は熱烈な声援をくれるファンに呼びかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース