日本ハム、杉谷のサヨナラ打でOP戦初勝利 オリ先発・山岡が5回零封も救援陣崩れ連敗

[ 2020年2月29日 17:47 ]

オープン戦   日本ハム4―3オリックス ( 2020年2月29日    札幌D )

<オープン戦 日・オ>9回2死満塁、サヨナラ安打を放っt杉谷(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルス拡大の影響を受け、プロ野球オープン戦の無観客試合が29日から各地で行われ、日本ハムは本拠地でオリックスと対戦。最終回に杉谷がサヨナラ適時打を放ち、4―3で今季オープン戦初勝利を飾り、連敗を3でストップさせた。

 2―3の9回2死満塁、途中出場でこの試合初打席となった杉谷が相手5番手・沢田の直球を捉え、前進守備の右中間を抜く、サヨナラ2点適時打を放った。

 この日、投げては日本ハムが有原、オリックスが山岡と、ともに開幕投手に決定している2人が先発。有原はT―岡田にソロを浴びるも3回を1失点でまとめた。

 オリックスは山岡が5回無失点と好投。打線はT―岡田が一発を放つも、救援陣が崩れて敗戦。オープン戦開幕から2連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース