阪神 先発の西勇は3回2安打無失点 開幕投手に向けて万全の仕上がり

[ 2020年2月29日 14:06 ]

オープン戦   ソフトバンク―阪神 ( 2020年2月29日    福岡PayPayドーム )

<オープン戦 ソ・神>力投する西勇輝(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 オープン戦2度目のマウンドとなった阪神の西勇輝投手(29)は3回2安打無失点で降板。既に開幕投手に内定している右腕は安定感あふれる投球をみせた。

 初回は1死から今宮に右中間への二塁打を浴びるも続く長谷川を左飛。二走の今宮も飛びだしたことでピンチを切り抜けた。2回も2死から松田宣に安打を許すも明石を三ゴロに。3回は3者凡退に仕留めた。3月20日のヤクルトとの開幕戦に向けて順調な仕上がりを見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース