オリ2年目右腕・荒西 開幕ローテ決定的!社会人8年の苦労人に大役 開幕2戦目有力

[ 2020年2月29日 05:30 ]

走り込みで汗を流す荒西(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックスの2年目右腕・荒西の開幕ローテーション入りが決定的となった。3月1日の日本ハム戦(札幌ドーム)で先発4回を予定。順当に回れば、開幕2戦目となる3月21日の楽天戦(楽天生命パーク)の先発が有力視される。

 「自分としては一つ一つ、しっかり結果を積み重ねるだけです」

 Honda熊本で7度都市対抗に出場し、8年目でプロ入りした苦労人に大役が回ってきた。1年目の昨季、楽天戦での先発はなく救援3試合で計5回1/33失点。140キロ後半の直球にシンカー、スライダーを武器に23日のソフトバンク戦でのオープン戦開幕投手に指名されるなどアピールを続けてきた。

 28日は大阪・舞洲の球団施設で投手指名練習に参加し、キャッチボールなどで調整してから札幌入り。「ローテーションに入りたいと思ってやっていますし、1年間ローテを回ってチームに貢献できるようにやるだけです」と力を込めた。

 荒西に続く開幕第3戦は、3年目左腕の田嶋が有力。3月1日の日本ハム戦で荒西の後に4回を投げる予定で、「ここまでやってきたことの継続です。指の掛かりや体のバランスをしっかり確認していきたい」と意気込んだ。昨季最下位から逆襲へ、若き両腕にかかる期待は大きい。(湯澤 涼)

 ▼荒西 祐大(あらにし・ゆうだい)1992年(平成4)8月25日生まれの27歳。熊本県出身。玉名工では3年夏の県大会4回戦で敗退。8年間所属したHonda熊本では都市対抗に7度出場し、17年には日本製紙石巻との1回戦で10奪三振完封。18年ドラフト3位でオリックス入り。昨年6月22日の広島戦で初勝利。1メートル78、88キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース