21世紀枠で初出場・平田、授業も部活も実施「生徒は落ち着いているが、教員の方が…」

[ 2020年2月29日 05:30 ]

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、安倍晋三首相が27日に出した休校要請を受け、第92回選抜高校野球大会(3月19日から13日間、甲子園)に出場する各校も対応に追われた。

 平田(島根)は21世紀枠での初出場に備え、3月2日以降も授業と部活動を通常通りに行う予定だ。島根県が県内での新型コロナウイルスの感染者が判明しない限り県立高校などを休校にはしない方針を発表したため。3月2日に校内で予定していた壮行式は中止となり、伊藤潤部長は「生徒は落ち着いているが、教員の方が対応に追われて慌ただしい」と説明。同4日からの愛媛遠征も予定通りに行う見込みだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月29日のニュース